最高峰の伝統文化教育カリキュラム「GENUINE JAPAN」講師に家元

小笠原流三十一世宗家嫡男 小笠原清基様とのご縁でこの度、以下のプログラムへ招聘されました。ご興味のある方はぜひ!

家元は平成28年1月15日(金)・16日(土)に講演致します。
第二講「 華道古流〜伝統文化としてのいけばなと床の間〜 」
(以下ウエブサイトより転載)

世界各国に根ざす、伝統文化。
永く続きし伝統文化は永く愛され、
必要とされてきた“価値ある文化”であり、
“世界人類財産”ともいえるでしょう。
GENUINE JAPANは“日本”に根ざす“最高峰の伝統文化”、
「生活」「嗜み」「武」を、これまでのように“断片的”ではなく
“総合的”に体験し、楽しむことができる“特別プログラムです。
●ひとつは最高の文化に触れ、
“日本を語れる真の国際的人材”、“次世代リーダー”を育てること
●ひとつは“世界各国から日本を訪れた方々に対し、
”ほんものを、最高峰の伝統文化“を体験して頂くこと”を目的とし設立致しました。
格式と由緒ある歴史的背景を持ち、日本の伝統文化を総合的に熟知した小笠原流三十一世宗家嫡男 小笠原清基 だからこそ企画できる、総合特別プログラム、それがGENUINE JAPANです。
永く継がれた価値ある“ほんもの”を後世へ、世界へとしっかり伝えていくことこそ、
日本と世界各国との更なる文化交流・発展・相互理解へと繋がっていくことと考えています。

詳しくは最高峰の伝統文化教育カリキュラム「GENUINE JAPAN」ウェブサイトへ

フォローする