最高峰の日本文化講座GENUINE JAPAN 盛会に終了

GENUINE JAPANの講師として家元が2日間にわたり講演と実演をしました。テーマは「伝統文化としてのいけばなと床の間」

前半はいけばなの概論といけばなの場としての床の間、また、床の間に飾られるいけばなの関係、そしていけばな流派の特徴などをスライドを映しながら、説明をしました。質疑応答は熱のこもるものでした。

後半は枝もの生花は「伽羅(きゃら)」、草物生花は「水仙(すいせん)」を説明しながら生けました。

※写真はgenuine japan事務局からの提供

フォローする