いけばな用語の基礎知識

susuki

いけばなでは様々な専門用語を使う事があります。そんな専門用語を解りやすく解説いたしました。※ここでは古流で使用している用語を中心に解説しております。諸流により呼び方等に違いがある場合があります。

ああげばな(揚げ花)いえもと(家元)いけこみ(生け込み)|いっかいちよう(一花一葉)いみばな(忌み花)いんよう(陰陽)うけ(受)うすばた(薄端)えだもの(枝物)おうぎ(奥儀)おかくさ(岡草)

ka - コピーかくはな(格花)かけい(花型)かけはな(掛花)かだい(花台)かぼく(花木)かぶわけ(株分)かみざ(上座)きゃくい(客居)ぎゃくがって(逆勝手)きょじょう(許状)ぎょどう(魚道)きんか(禁花)|くげ(供花)|くさもの(草もの)くでん(口伝)げざ(下座)けいこ(稽古)けんざん(剣山)ごぎょう(五行)こみ(木密)|こりゅう(古流)|

saさりきらいえだ(去嫌枝)|さらしもの(晒しもの)|さんさい(三才)さんじゅうきり(三重切)|しおる(枝折る)|しきいた(敷板)しはん(師範)しゃちゅう(社中)しゅい(主位)|しゅっしょう(出生)|しん(真)|しんぎょうそう(真行草)|すいはつ(垂發)すいへんもの(水辺もの)すいどういけ(水道生)ずんどう(寸胴)せいか(生花)|ぜんえいいけばな(前衛いけばな)|

ta|たいせい(対生)|ためる(撓る)|ちゅうながしいけ(中流生)ちょうすう(丁数)|つりはな(釣花)|でんか(傳花)|でんしょ(伝書)|てんちじん(天地人)どうもん(同門)とこのま(床の間)|とめる(留める)|

na - コピーながし(流)|なげればな(抛入花)|にゅうもん(入門)|ねじめ(根締)|

ha - コピーはもの(葉物)|はないこう(花衣桁)|はなどめ(花留)|はもん(破門)|はんすう(半数)|ぶんじんばな(文人花)|ほんがって(本勝手)ほんていけ(本手生)

maまとばな(的花)みずあげ(水揚げ)みずぎり(水切り)みつぐそく(三具足)|みつよせ(三寄)|もりばな(盛花)|りっか(立華)|りゅうは(流派)|

yaやしない(養い)

フォローする