うけ(受) いけばな用語の基礎知識

受(うけ)
生花の役枝のひとつ。「地の枝」→天地人

陰陽

古流の生花は「真(しん)」「受(うけ)」「流(ながし)」の三才(3つの役枝)から構成されています。それぞれに「天」「地」「人」が配置されます。

フォローする