FAQ よくある質問

Q お稽古はどんな場所でするのですか?
A 教室により異なりますが普通は机と椅子でお稽古する教室が多いと思います。(本部教室は座敷になります)教室案内

Q 和服を着てお稽古するのでしょうか?
A どんな格好でも結構です。着物を着る必要はありません。(もちろん着ていただいても結構ですが。。。)ただし多少汚れる可能性がありますのでエプロン・前掛けなどがあると良いでしょう。

Q お稽古に必要なものは?
A まずは鋏(どんなものでも結構ですが古流では古流鋏を使います。)と花を包むもの(花包み)が必要になります。服が汚れないようにエプロンや前掛けなどがあるとよいでしょう?
お稽古では花器・剣山等はお教室のものがございますが、ご自宅に生ける為に水盤と剣山が 必要です。(ご自宅にあればそれで結構です)各教室にて購入することも出来ます。

Q 仕事が忙しくあまりお稽古をするの時間がないのですが、お稽古はどのくらい時間がかかりますか?
A どの教室もフリータイム制ですのでお好きなお時間にお稽古が出来ます。御稽古の時間は人によって違いますが、お忙しい方なら20分もあれば大丈夫だと思います。(できればゆとりを持ってお稽古したいものですね。)

Q 費用はどのくらいかかりますか?
A 入門時は道具(鋏3000円位から、花包み500円程度)のほかに入門料7000円と月謝が必要です。花材費はその時々ですが約1500円くらいからです。教室維持費として7000円(1年間)がかかります。

※花材は予約制です
※教室によりシステムが異なる場合がありますのでご希望の教室にお問い合わせください。

Q コースはどうなっていますか?
A 現在、古流理恩会では現代花(現在の生活空間に対応した花)と生花(せいか)(江戸時代より伝承された古典の花を中心に小品生花という現代の生活空間にも対応した花もあります。)のふたつの柱から成り立っています。どちらでも選択することが出来ます。※両方を同時に選択することも可能です

Q 床の間がないのですが、何処にお花をいけたらよいのでしょうか?
A どんな場所にでも飾れるようさまざまな形やカリキュラムが用意されています。例えば玄関や応接、トイレ、壁の花、釣花、などさまざまな空間の提案をしております。

Q 入門する時期は決まっているのですか?
A :いつからでも入門できます。いつでもどの教室も見学をすることが出来ますのでお気軽にご連絡ください。

Q 男性でも入門できますか?
A :もちろんです。経験、性別を問いません。女性と一緒にお稽古をするのに抵抗がある方はご相談ください。

フォローする